体たらく日記

呑、喰、旅。世のため人のためにならない体たらくの日記。

寿司

例の秘密基地

3か月ぶりの例の秘密基地 いつも通りハイボールから始め 冷酒は高清水純米と浦霞へ繋ぐリレー アボカド好きのオレとしては外せない 鰹とアボカドのにんにく和えが猛烈 名残りの蛍烏賊の甘味と生しらすの苦甘味が今日の優勝 活き帆立貝刺し 黄金鯵刺し 和牛も…

例の秘密基地

今年初めましての例の秘密基地。壁を埋め尽くす大量の短冊メニューから選べる喜び。オレの同級生がパン屋をやっていて、手間は惜しまない、とにかく種類を多く、原価率は考ない、客目線で価格を付ける、と話していたのがカッコ良く。ココも同じ哲学を感じる…

例の秘密基地

晦日夜、急に外で呑みたくなって電話を入れると奇跡的に空いていた5ヶ月ぶりの秘密基地。ハイボールから始め高清水→浦霞とリレー。いつもよりネタが少い中、狙い所を探す作業が楽しい。上質の脂を求めて魚代表の寒鰤刺しと哺乳類代表の黒毛和牛炙り刺しが超…

北海道 余市 ニッカウヰスキー余市蒸溜所と回転寿司余市番屋

積丹からニッカウヰスキー余市蒸溜所に向かう途中、オーラ漂う木造の蔵を見つける。車をUターンして観に行く。改装中で中には入れなかったが、ニシン漁で財を成した福原家の建物らしい。 ニッカウヰスキー余市蒸溜所。 平日だというのに、1週間前の段階で蒸…

例の秘密基地

およそ半年ぶりの例の秘密基地。寿司屋なのに肉料理やアレもあったり、かなりの変態。刺身はツマ代わりに大量のレタスが乗ってきて、野菜をいっぱい摂れるのも嬉しい。そして、世界一栄養価の高い果物としてギネスブックにも載っているアボカドにハマってい…

東京 立石 鮨処「江戸安」 ホタテのにぎり

会社を定時で飛び出し、下町の首都と称される立石へ。再開発でまもなく消滅する呑んべ横丁の奥にある江戸っ子が今日の目的地だ。早歩きで向かうと、まだ薄明るい19時なのに既に営業終了の札。途方に暮れ隣の安い鮨屋に入る。ハイボールの炭酸はガスが抜けて…

山形 鶴岡 廻る「金太郎寿し」 にぎり各種

庄内旅行最終日。地元密着型回転寿司の金太郎寿しへ。30分待ち。 ネタは回転寿司としては良質だけど、感動まで至らず。 鶴岡市内をゆっくり観光して、午後の飛行機で帰京。次回は冬の庄内で熱燗呑りたい。

東京 亀戸 回転寿司「もり一」 すき身まぐろ

昼メシ代を捻出するため散髪はQBハウスで済ませてからの回転寿司の雄、もり一。雨だし開店早々だからか珍しく空いている。もり一は、回転寿司だというのに赤シャリと生本山葵を使うこだわり。ネタの大きさもケチらずボリューミー。質も回転寿司としては際立…

東京 小岩 寿司処「ゆたかや」 生牡蠣のにぎり

小岩の怪しい路地裏に最近開店した立ち喰い寿司屋へ。 価格は安くも無く高くも無い感じ。 いつも通りハイボールから。ちょうどいい濃度。 刺し盛り。無難に美味い。 宵の月大吟醸を頼み、にぎりへ移行。 真鯛。塩レモンでさっぱり。文句無く美味い。 鰯。甘…

例の秘密基地

半年ぶりに例の秘密基地へ。 今日はですね、最近ハマっているファミチキを喰ってから来たので、喰い少なめ、呑み多めで進行。ハイボール2杯、日本酒4合までは数えていたけど、その後は数えるのをやめた。大将のトーク、ネタの豊富さ、鮮度、価格、全てが大満…

千葉 木更津 すし処「つどい」 木更津釣り3日熟成鰆のにぎり

レンタカーを返却して初訪問のつどいへ。なぜこちらの店を選んだのか?それは、インスタで見た大将と女将の笑顔に明るい未来を感じたからだ。ミシュラン店で修行された若き大将が地元木更津で店を構える夢を叶える。しかし、コロナが始まってからの最悪の時…

東京 亀戸 回転寿司「もり一」 鰯にぎり

亀戸呑み2軒目は、回転寿司の雄、もり一へ。昨今の円安&物価高で一皿全品180円→230円と28%の値上げ。会計は現金のみ→クレジットカードも使用可能。何だかなぁ、ハイパーインフレ前夜と思って今を楽しもう。 日本酒もハイボールも無いので、生ビール→ガリサワ…

東京 神田 回転寿司「江戸ッ子」 真鯛握り

今日は猛烈に寿司が喰いたくなり、「1人飲み最強!」を謳う江戸ッ子へ。オレ的には「戦略的妥協」。その意味は↓参照。 いつも通りハイボールから。江戸ッ子マストアイテムの真鯛を2皿+ネギトロ巻き。真鯛は安定感抜群。強烈に美味い。ネギトロ巻きは文句無…

東京 神田 回転寿司「江戸ッ子」 特上鰯

今日はとにかく大量に魚を喰いたくて、でも金は無いので戦略的妥協。その意味は過去の日記参照↓↓ いつも通りハイボールから。 冷酒は、しら雪→千歳鶴→栄の井とリレー。しら雪が好み。 伊佐木、真鯛、平政。オレ好みの厚み。文句無く美味い。 本鮪筋煮込み。…

例の秘密基地

2ヶ月ぶりに例の秘密基地へ。 いつも通りハイボールから。お通しのやる気の無さとこれから始まる魚介への情熱のギャップがたまらない。 鰹タタキ。鮮度抜群の鰹に大量のニンニクをまぶして喰らう。強烈に美味い。 鯨刺し。コレも大量のニンニクをまぶすのと…

東京 神田 回転寿司「江戸ッ子」 戦略的妥協

所用で神田。雨が降ってきたのでこちらで雨宿り。猛烈に美味いものは無いけど、そこそこのネタを安く喰えて、全く気を使わずに入れる。金をかけたく無い時の戦略的妥協って感じ。 まだ昼だけど日曜日なので日本酒を。しら雪→千歳鶴→100人の利酒師→八重垣とリ…

秘密基地を見つけました

寿司は大好物で、エンゲル係数80%オーバーも厭わない身の程知らずの時期がありましたが、酒込みで1人3万円を超える様な高級寿司店は、3年に1回も行ければ十分と考える大人になりました。 私の寿命は、何となくあと20年くらいの感じがしてきてますので、 そう…

東京 神田 回転寿司「江戸ッ子」 魚卵の煮物

神田江戸っ子寿司のローコストバージョン店。そこそこの魚で良いから安くいっぱい喰いたい時用の店。寿司の感想は普通に美味い〜無難に美味いの間で、今日もいつも通り日記に載せないつもりだったけど、終盤に頼んだ魚卵の煮物が意外にも強烈に美味くておか…

東京 御徒町 立食い寿司「まぐろ人」 痛風三昧

電車に乗り赤羽から上野へ。年末恒例激混みのアメ横を体験しに行ったが、人の波に酔ってしまって直ぐに脇道にそれる。 で、御徒町の立食い寿司 まぐろ人へ。 いつも通りハイボールから。連れの梅○とは別会計にされる。 痛風三昧という名の白子、牡蠣、鮟肝の…

東京 小岩「玄海寿し」 刺し盛り

最近少なくなった昭和のあかりを灯す街場寿司。食べログにもインスタにも出て来ない様な地元民に愛されている店。今宵初めて訪れた玄海寿しもそんな感じ。 キンキンに冷えた生ビールが美味すぎて一気飲み。 ハイボールは薄すぎて一気飲み。 という訳で、冷酒…

東京 新小岩 八丈島料理「源八船頭」 1.5人前島ずしランチ

テレワークの日のランチは、急に寿司が喰いたくなり源八船頭へ。寿司屋ではなく居酒屋だけど。 1.5人前島ずしランチ(1,070円)。ふきは苦過ぎてNGだったけど、島ずしとアラ汁は中々。 大きく切ったネタを醤油ベースのタレに漬け、山葵の代わりに辛子を忍ば…

北海道 札幌 町のすし家「四季 花まる」 二階建て帆立貝のにぎり

二軒目。回転寿司で有名な花まるのちょい高級ブランド、四季 花まる。今日イチは、二階建て帆立貝のにぎり。肉厚で猛烈に甘い。次点で、二階建てとろ銀鱈のにぎりとつぶ貝にぎり。この鮮度は、北海道ならでは。〆て4人で、1.8万円。軽く〆るつもりが、結構イ…

北海道 天塩町「七福寿司」 極上握り寿司

稚内から南に下り、天塩という何も無い町で投宿。真っ黒な温泉と夕日が自慢の夕映へ。 なのに、地平線が曇っていて、夕日は諦める。 何も無い町で、開いているのか閉まっているのか分からない寿司屋に入る。 温泉に浸かった後の生ビールは猛烈。 直ぐに冷酒…

東京 亀戸 回転寿司「もり一」 うに軍艦

天気が良いのでノープラン散歩。 自分の意識を「移動」から「散歩」に切り替えるだけで、 いつもはスルーしていた光景が、突然輝きだす。 駅のNewDaysで、ビールの銘柄を選ぶのに10分も費やす自分が好きだ。 寿司が喰いたくなり、亀戸。 自分の意識を「寿司…

千葉 蘇我 江戸前「銀寿司」 良いところの日本酒が永遠に出て来るぶっ飛んだコンセプトの寿司屋

また、ヤバい店を見つけてしまった。千葉の蘇我。駅から17分も歩く辺鄙な場所にまさかの名店。蘇我駅から店まで、Google先生が示す最短ルートを何かに惹かれるように外して遠回りで歩く途中、およそ30年前の告別式の記憶が蘇ってきた。ここは、若くして亡く…

東京 立石 立喰「栄寿司」 鮟肝の握り

立喰寿司の最高峰と名高い、立石の栄寿司を初訪問。コロナ&年末で空いているかと思ったら、12時前で15人も並んでいて、1時間以上待ってようやく入店。 待ち疲れた。 レギュラーメニューの他に、その日のおすすめが店の中のホワイトボードに書いてある。 店内…

東京 亀戸 回転寿司「もり一」 アボガド鉄火巻き

当たると評判の亀戸北口宝くじ売場と最高の日本酒ラインナップのはせがわ酒店とレトルトカレー目当ての無印良品に行くため亀戸へ。ついでに、昼メシは、回転寿司の雄、もり一。Moree ではなくMoriichi と読む。念のため。 昼だけど汗をかいたので生ビール。 …

日本一居心地の良い寿司屋

多くを語るのはやめよう。 東京下町、古き良き昭和の寿司屋。 居心地が良い。CPも良い。 日本酒一択問題も持ち込みで解決。 これ以上、求めるものは無い。 〆て2人で、2.8万円。今日も大満足。

長崎 籠町「栄寿司 小吉」 刺し盛り

長崎で一番評価の高い栄寿司 小吉へ。 喉が激しく渇いていたので、瓶ビールから。狭い店内は満席。酒は呑まず寿司だけを純粋に楽しんでいる客が多い。 お任せで刺し盛り。鮮度の良さで勝負系。強烈に美味い。 合わせるのは長崎の地酒、六十餘洲。 鯨のさえず…

東京 豊洲市場「寿司大」 礼文島の馬糞雲丹

恐ろしいほど人が居ない豊洲市場。 コロナ前は4時間待ちなんてこともあった寿司大。11時過ぎだというのに僅か15分待ちで入れたことを喜んで良いのか微妙な感じ。3密回避のため、店頭で受け付けて空いたら電話をしてくれるシステム。でも、コンスタントに満…