体たらく日記

呑、喰、旅。世のため人のためにならない体たらくの日記。

静岡 熱海 食彩「花かがり」 真鯖一夜干し

金曜夜の熱海。タクシーの運転手曰く、熱海も新型コロナの影響で観光客は激減。なはずなのに、花かがりは浴衣を着た観光客で満席。しかもうるさい。 新幹線の中でハイボールは呑んできたので、地酒のダイヤモンド富士から。お通しは無難。 大将お任せの刺し…

東京 新小岩 魚河岸料理「どんきい」 里芋の揚げ出汁

どんきい、失敗しないので。 いつも通りのハイボールやめて梅干しサワーから。お通しから異次元の領域に突入。 のれそれと生海苔を三杯酢で。組み合わせの妙。猛烈に美味い。 生牡蠣。岩牡蠣サイズのデカさ。味も猛烈。 鮪のトロと赤身、アオリ烏賊、白魚、…

家呑み日記No.19 荷札酒 備前山田錦 純米大吟醸 中汲み・生酒

花粉症のなり始めで首肩が重いので、今日は家呑みだ。25歳の若き杜氏が醸す新時代の荷札酒。荷札酒の中でも雄町で有名な備前地区で育んだ山田錦を初めて使用する挑戦的な酒。甘酸の絶妙なバランスと全く引っ掛かりの無い透明感のある呑み口。猛烈に美味い。…

東京 新小岩 立呑み「たちろまん」 くしだ(スパイシー揚げ鶏皮)

新小岩駅から徒歩7分、小松南小学校の前にいつの間にかこんな立呑み屋ができていた。 最近、インスタで激安の店として登場。 いつもは、メニューをアップする事は自主規制しているけど、この店はアップすることが正義と判断。 この店のアイデンティティは、…

東京 新小岩 魚河岸料理「どんきい」 鮟鱇小鍋

今日もどんきい。 いつも通りハイボールから。お通しは、とらふぐ皮煮こごり、衣被、つくし。「名残り」のとらふぐと小芋に冬の終わりを、「走り」のつくしに春の訪れを知る。 岩モズク酢。シャキシャキの歯応え、甘酸っぱさが猛烈。 真鱈白子ポン酢。鮮度が…

東京 新小岩 魚河岸料理「どんきい」 鰆の焼霜造り

何でこうも全てが猛烈に美味いんだろう。しれっと造っている様に見えて、完璧な仕事。オレの解説が意味を持たない。 いつも通りハイボールから。お通しの牡蠣オイル漬け、ハスの煮物、?菜が美味い。 鮃の昆布〆と縁側、鰹、白魚、槍烏賊、ホウボウ、本鮪の…

東京 新小岩 やきとり「おばこ」 子袋串焼き

屋号にやきとりと付いているけど鶏は置いていないおばこ。今日も強力な引力に吸い寄せられる。客層はバラエティに富んでいる。身なりの良い訳ありカップル、作業着の爺様2人組、若い男お一人様、地元の集会などなど。 いつも通りハイボールから。お通しのお…