体たらく日記

呑、喰、旅。世のため人のためにならない体たらくの日記。

家呑み日記

家呑み日記No.48 芋焼酎フラミンゴオレンジ

芋100%で造る伝説の芋焼酎「いも麹 芋」を世に送り出した国分酒造。今度は、ライチの香り発つ前代未聞の「フラミンゴオレンジ」をリリース。現状に甘んじないチャレンジスピリッツに感動しながら家呑みだ!(本当はただただ今日は面倒で外に出たくなかった体…

離婚調停中の男を励ます?Zoom呑み会

その男のあだ名は、ガッツ。ボクシング部出身のパンチドランカーなのでその名が付いた。オレらの中で一番早く結婚をして、一番早く子供ができて、一番早く家を建て、幸せな日々を過ごしていたハズなのに、まさかの離婚調停中。わりと単純で暇な人生を歩んで…

家呑み日記No.47 澤屋まつもと 守破離 五百万石

蒸し暑くて外に出るのも面倒なので今日は家呑みだ! 五百万石で醸した澤屋まつもとのローコストバージョン、4合瓶税込みで1,320円!雄町バージョンより500円も安いのが嬉しい。 全く雑味が無く、ガス感があるのにしっかり米の旨味を感じる。良い酒だ。強烈に…

家呑み日記No.46 伯楽星 特別純米

新しい生活様式(今年の流行語大賞になりそうな上手いネーミング)を長く続けるため、家呑みをVE中の体たらく。ただ安ければ良いのでは無く、 ①純米酒(醸造アルコール無使用) ②冷やして美味いヤツ ③1,500円以下(四合瓶税込み) 縛りで厳選。今宵のセレク…

家呑み日記No.45 東洋美人 醇道一途 純米吟醸

家呑みをVE中の体たらく。利益度外視の凄い酒に出会った幸運に感謝。 2013年7月の山口豪雨で澄川酒造場は壊滅的被害を受ける。廃業も覚悟するほどの状況だったが、1,500人以上の蔵のファンやボランティアの協力も得て復活。酒造りができる喜びという「原点」…

家呑み日記No.44 米鶴 かっぱ 特別純米 超辛口

家呑みをVE中の体たらく。ただ安ければ良いのでは無く、 ①純米酒(醸造アルコール無使用) ②冷やして美味いヤツ ③1,500円以下(四合瓶税込み) 縛りで厳選。今宵のセレクトは、超辛口の米鶴 かっぱ 特別純米(税込み1,234円)。 本当に超辛くて、アテの青椒…

家呑み日記No.43 いも麹 芋

家呑みをコストダウン中の体たらく。昨日一日の断酒を経て今宵はCPの良い芋焼酎で家呑みだ! 一般的に、焼酎は日本酒と比べ安いし、大らかな造りだけど、こだわりのある焼酎を厳選し、満足感を得る方向性。今回厳選した芋焼酎は芋100%!その昔、芋焼酎と言…

家呑み日記No.42 東一 純米酒 山田錦 生

いよいよ世界は大恐慌に突入したようなので家呑みのコストダウンを図ることにした体たらく。当面、日本酒4合瓶なら税込み1,500円以下縛りで厳選することに。今宵は九州を代表する日本酒、東一から純米酒の生(税込み1,375円)。 1,500円以下なので精米歩合64…

家呑み日記No.41 梵 GOLD 無濾過純米大吟醸

ハワイのすし匠で初めて呑んで感動し、ステイホーム呑みで再度感動した「梵」。 今宵は、家呑みの出口戦略を考えながら数々の受賞歴を持つ淡い金色の液体「梵 GOLD」で家呑みだ! 生のままマイナス10度で1年間寝かせて旨味を出し、出荷間際に火入れして味を…

家呑み日記No.40 麦焼酎 夢想仙楽

おそらく3年以上前に買って一回呑んだきり放置していた焼酎を恐る恐る取り出し、今日も家呑みだ! 外は埃まみれだが、中身は問題なし。蒸留酒だし、アルコール度数40度なので雑菌は繁殖しない。夢想仙楽は、原酒をスペイン製のシェリー樽で5年以上貯蔵熟成さ…

家呑み日記No.39 鶴齢 特別純米 瀬戸産雄町55%

安倍総理が非常事態宣言の延長を正式に表明した夜。長期戦になることは薄々悟っていたけど、正式に言われるとやはり落ち込む。一方で、ウイルスを短期間で根絶するという非現実的路線は放棄し、ウイルスと上手く共存していくという現実的路線をしっかり表明…

家呑み日記No.38 鶯印のどぶろくを題材にどぶろくの研究

直感的にどぶろくの可能性に目を付けた体たらく。乳酸たっぷりの甘酸っぱさは、「大人のヤクルト」、その美容・健康効果は、「飲む点滴」と言われるほど体に良さそうなキャッチコピー付き。酒税法の縛りで清酒造りは新規参入NGだけど、どぶろく造りは新規参…

体たらく4人でZoom呑み会

体たらく4人で最近流行のZoom呑み会!2月に同じ4人で呑んだ時は、まさかこんな事態になるとは思ってもみなかったし、そもそもZoomの存在すら知らなかった体たらく。 20時開始。いつも通りハイボールから。お通しは、台湾産キハダマグロ刺し(解凍品)。 Zoom…

家呑み日記No.37 クラシック仙禽 無垢

法に触れないからとパチンコに行くヤツや、当然という顔して休業補償くれとTVで訴える飲食店の声に違和感を覚える体たらく。3.11の時に世界中から称賛された日本人の民度の高さに劣化が生じていると感じる4月最後の日は、静かに日本酒に向き合いたくて「クラ…

家呑み日記No.36 紀土 KID 純米大吟醸 Sparkling

2019年ANAファーストクラスで提供された「紀土 KID 純米大吟醸 Sparkling」。ジャパンスパークリングと謳い、世界の「泡」に勝負を挑む心意気に敬意を表し、今日は「米の泡」で家呑みだ! ガスや酸味に頼った呑み易さ重視系より米の旨味にこだわった辛口の日…

家呑み日記No.35 墨廼江 大辛口純米吟醸 Rice is Beautiful Solid

善良国民の体たらくは、会社にも行かず(テレワーク)、パチンコにも行かず、居酒屋にも行かず、今日も家呑みだ!流行の酸味に頼り過ぎず、しっかりした米の旨味と大辛口の男用の日本酒を呑みたくなったこと、そして昨年のGWに伺った石巻を応援したくなり選…

家呑み日記No.34 作 雅乃智 中取り 純米大吟醸

新しいノートパソコンが届いた。前のパソコンのOSは、サポートを終了したWindows7だし、購入後10年も経過しているので替え時だろう。それと、コロナの影響で電子部品の調達が滞ったり、テレワークの増加で需給のバランスが崩れる前に買っておこうという判断…

家呑み日記No.33 MONNA LISA TOSCANA ROSSO 2018

どう考えても緊急事態宣言が5月6日に終わるとは思えず、どうすれば金を掛けずに家呑みを充実させられるか日々模索中の体たらく。今日は近所のスーパーでモナリザの怪しい微笑みに釣られて買った赤ワインで家呑みだ! レオナルド•ダヴィンチの生まれ故郷、ト…

体たらく特製 蛍烏賊のなめろう

岡江久美子が亡くなった悲しい今宵は、昨日口開けした醸し人九平次で家呑みだ!鯵のなめろうを作らせたら日本一の腕前と言われている体たらく。今宵は、スーパーの見切り品、200円で仕入れた蛍烏賊を使ってなめろうに仕立てる。結果は、文句無く美味いけど、…

家呑み日記No.32 醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦

街の木々は新緑が芽生え、小鳥の可愛いさえずりはいつもと変わらないのに、新型コロナで世界は第三次世界大戦が始まった様な惨状が続いている。体たらく自身もテレワーク中で、ZOOMやらTEAMSやらで打合せや会議は会社に行かずとも普通にできちゃう事は分かっ…

家呑み日記No.31 YOSEMITE ROAD SPARKLING

日本酒が続いたので、今日はスパークリング。節約のためCPの良いセブン&アイブランド。 カリフォルニア産シャルドネを使い、セブン&アイとメルシャンが共同開発。コルクではなくプラスチック栓だし味と香りも無難だけど、税込811円(720ml)なので文句なく…

家呑み日記No.30 澤屋まつもと 守破離 雄町

家呑みが続くけど飽きない工夫を怠らない体たらく。日本酒は毎回違うヤツを選び、アテは自分好みの味付けで仕込む。 今日の日本酒は、京都伏見の老舗酒蔵、松本酒造が醸す「澤屋まつもと 守破離 雄町」。松本酒造のコンセプトは、「守破離」。伝統を守り、伝…

家呑み日記No.29 羽根屋 純米吟醸 煌火 生酒

一律10万円支給が決まった日、支給方法と時期が気になる体たらく。銀行口座を持たない人達は市町村の窓口に殺到してクラスターを発生させたら本末転倒だし。そして、日本のことだから支給開始までああだこうだと時間が掛かるんろうなぁ。キャッシュレス社会…

家呑み日記No.28 梵 中取り 純米大吟醸 無濾過生原酒

世界一の「すし匠」で呑んだ日本酒の中で最も感動した「梵 中取り 純米大吟醸 無濾過生原酒」。コレを取り寄せ今日も家呑みだ! 造り方が只者では無い。搾った酒を瓶詰め後、マイナス10~15度の氷温貯蔵で一年以上寝かせることでガス(二酸化炭素)が抜け、…

家呑み日記No.27 JAPAN PROUD 瀧自慢 純米生酒

今日、東京都の自粛要請内容が公開された。飲食店の営業は、朝5時~夜8時まで、酒の提供は夜7時まで。朝酒、昼酒なら良いのか?小池知事はもっと踏み込んだ休業要請をしたかったが、アホの西村大臣がいちゃもんを付け、人命優先か経済優先かどっちつかずの中…

家呑み日記No.26 風の森 秋津穂657

CP最高の風の森。中でも4合瓶1,150円という驚愕のCPを誇る秋津穂657。65は精米歩合65%、7は7号酵母の意味。 風の森は全て無濾過無加水。炭酸ガスが残っているためキャップがしっかり。 大人のラムネ。飲み易く乾杯用には最高だけど、強いアテには酒が負けて…

家呑み日記No.25 土佐しらぎく 純米吟醸 高育酒80号

土曜の昼下がり、近所を散歩。 次の土曜は完全に散ってしまう名残りの桜を観る。 世界はリアル北斗の拳状態になっている実感が湧か無いいつもと同じ昼下がり。人間の心の隙を突く新型コロナの賢さが憎い。 という訳で、今日も家呑みだ!ここのところ会津の酒…

家呑み日記No.24 天明 槽しぼり 純米火入

1ヶ月前に新型コロナで世界恐慌の到来を預言した体たらく(証拠は下記ブログ参照)。この頃はまだ中国、韓国、イタリア以外は大した騒ぎになっておらず、オレよりも体たらくなWHOもパンデミック宣言していなかった。しかし、この1ヶ月で感染者数が爆発し世界…

家呑み日記No.23 会津中将 純米吟醸 夢の香

志村けんさんの訃報を聞いた日は、呑まずにはいられないので今日も家呑みだ。昔、麻布十番の萬力屋でダチョウ倶楽部の上島と肥後を連れて静かに呑んでいたのを何回か見かけたのが想い出になってしまった。 イソジンでうがいしてから直ぐに会津中将を呑んだら…

家呑み日記No.22 甲子春酒 香ばし 純米吟醸生原酒

今宵は小池都知事の「夜間の外出自粛」要請に従い、家呑みにする善良都民の体たらく。こうなるのを早々に想定し、良い酒を多数仕入れて備蓄しておいた先見の明が生きる家呑み。 今宵の酒は、甲子。甲子は千葉の個人営業居酒屋や街場寿司で良く見かける千葉を…