体たらく日記

呑、喰、旅。世のため人のためにならない体たらくの日記。

東京 浅草橋 らーめん「饗 くろ喜」→神田散歩→新小岩 大衆酒場「中村屋」

天気が良いので東京散歩。昼メシはミシュランビブグルマンに選ばれた「饗 くろ喜」を初訪問。

特製塩そば(1,250円)。
連れの注文。この店の看板メニュー。3種の地鶏、鴨のガラ、豚背ガラ、野菜からとった出汁と5種類の塩をブレンドしたスープが強烈に美味い。

目鯛味噌そば(1,500円)。
オレの注文。季節限定の文字に釣られた。たっぷりの九条葱。羅臼昆布、目鯛の出汁を合わせた味噌スープは、初めて経験する味。正統派味噌らーめん好きのオレとしては受け入れられない。判定不能

散歩開始。オタクと外国人だらけの秋葉原を抜けて神田明神にお参り。

都心にあるとは思えない静けさの湯島聖堂の裏にある大銀杏。東京の黄葉もそろそろ終わり。

哀愁漂う夕暮れの神田川

散歩の〆は、神田駅西口商店街にある中国系マッサージ屋で背中と脚の張りをほぐしてもらう。90分じゃ足りなかったけど、身体が少し軽くなった。

夜メシはホームグラウンド 新小岩に戻り、中村屋へ。

いつも通りハイボールから。お通しは無い。

ほうれん草胡麻和え。
かなり甘い味付け。文句無く美味い。

トマト。
フレッシュ。文句無く美味い。

きぬかつぎ。
連れの好物だけどオレは食べない。

鮟肝。
固めだけどコクはある。文句無く美味い。

つみれ。
つなぎを一切使わない本物のつみれ。旨味凝縮。超強烈に美味い。

〆鯖。
ディープな漬かり具合で厚切り。強烈に美味い。

寄せ鍋。
今シーズン初鍋。鶏肉、豚肉、鮭、鱈、帆立、蛤、春菊、白菜、葱、豆腐、椎茸、エノキの豪華具沢山の味噌仕立て鍋。特に厚切りの鱈と鮭が最高。超強烈に美味い。

鮭の尾っぽ焼き。
大将からサービス。センスあるなぁ。こういうのが酒のアテに最高なんだなぁ。猛烈に美味い。

〆て2人で、8千円。今日も大満足。