体たらく日記

呑、喰、旅。世のため人のためにならない体たらくの日記。

香川 高松「手打十段 うどんバカ一代」 ぶっかけうどん→小豆島「HOME MAKERS」 えんどう豆のチキンカレー→「天空ホテル 海盧」 四季の地魚の特選会席「海」

朝からやっている「手打十段 うどんバカ一代」へ。

冷やしぶっかけうどん中(380円)。
身体に悪いと分かっていてもやめられない天かす山盛り。ツルツル喉越し最高のうどん。うどん県に来たことを実感する。汁は優しめの万人受けする味。総じて文句無く美味い。

小豆島行きのフェリーに乗る。

鬼ヶ島を眺めながら風に打たれる。

レンタカーを借り、何はさて置き昼飯を喰いに農家CAFE「HOME MAKERS」へ。

移住者のオーナーは農家が本業で、CAFEを開くのは金曜と土曜のみ。行くなら今日しかない。

えんどう豆のチキンカレー(950円)。
Dancyuに出てきそうな美しいビジュアル。コリンキーやマクワ瓜(メロン)などの野菜達が猛烈に美味い。丁寧に作られたカレーももちろん美味い。

サラダプレートとマフィン(1,050円)。
連れの注文。メインになるほど猛烈に美味い野菜達。野菜がこんなに美味いとは知らなかった。

店の前の小さなみかん畑。

きれいな稲穂。

海に出る。今日は風が強く、瀬戸内の海らしくないさざ波が立っている。

ギネス認定、世界一狭い海峡。

迷路の町で見つけたCAFEで涼しむ。今日は暑い。

ソーダの味は普通だけど、休むためと割り切る。

定宿になりつつある、天空ホテル 海盧。設備は古いけど、部屋から見える景色が大好き。

四季の地魚の会席「海」。

なんか一気に出てきて、早く喰わせて終らせようプレッシャーを感じる。

日本酒のラインナップが前回より充実していたのが唯一の救い。



申し訳ないが、飯なしの素泊まりの設定を是非お願いしたい。

部屋に戻り赤ワインを少々嗜み9時に就寝。